1SBC ブログ

ブログ » 相互リンク集

バーチャルオフィスの貸し会議室の使い心地は?

2014/10/22

バーチャルオフィスのメリットは、自分が仕事をするスペースだけではなく、他のスペースも利用できることにあります。
たとえば、貸し会議室です。
普通であれば会議室は大企業にしかないようなもの。

 

小さな会社であれば、数人入ればいっぱいのスペースを社内外の会議でやりくりして、結局取り合いになっている……なんてこともあるかもしれません。
バーチャルオフィスでの貸し会議室は、そんな環境とは比べものにならないでしょう。
まさに雲泥の差です。
多くの利用者が満足している環境だと耳にしています。たくさんの人数で利用でき、ビジネスについて集中してやりとりをすることができることでしょう。ですが、質のよくないバーチャルオフィスでは予算をケチっており、会議室のコストダウンを図っているところも多いのだとか。
ホワイトボードがいつも汚れていてマーカーもインク切れ、別の企業の資料が置きっぱなし、クーラーや暖房が共用で温度がいじれずにいつも「極端に寒い」「極端に熱い」のどちらか……こんな貸し会議室は絶対によい印象を与えません。
掃除がいつも行き届いているか、備品が充実しているか、そんなポイントには目を光らせておくべきでしょう。雰囲気自体がどんよりとしていることもあるかもしれませんが、喫煙可能な会議室だと壁紙や天井にヤニがついていることがあります。タバコの匂いは、吸わない人には非常にキツいもの。
そう考えると、分煙がきちんとしているバーチャルオフィスを選ぶのもコツになってくるでしょう。
なかには会議室自体がないところもありますので、先に要確認です!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バーチャルオフィスとはどんなサービス?バーチャルオフィスの定義。

2014/9/19

バーチャルオフィスに興味がある、しかし様々な疑問がわき上がってなかなか利用するまでに至らないという方は多いかと思います。
バーチャルなオフィス、響きから大体の形態の想像はできるかもしれませんがどういった定義でバーチャルオフィスと呼ぶのかという事を考えていきましょう。

white board & businessman vector
まず何を持ってしてバーチャルオフィスと呼ぶのかです。各社それぞれ様々なバーチャルオフィスのサービスはありますが、基本的には自由に好きなタイミングで利用ができてその分だけの利用料を払えばOKという形態を取っている、かつある程度のスペースを確実に確保しているというのがバーチャルオフィスの基本としている様子です。
しかしもちろんここを基本としているというだけで、それだけというサービス内容の会社は殆どといって良いほど存在しません。1人で仕事をするスペースさえあれば良いという方向けの1人用の安価でシンプルなサービスから最低限の人数との打ち合わせが可能な複数人打ち合わせ用スペース有りのサービス、そして更には数十人単位の人を集めてのセミナー開催も可能な大規模人数収容可能スペース有りのサービスも存在します。

恵比寿会議室
会社によってはそこにインターネット無料だったり、セミナー用のプロジェクタの貸し出しやホワイトボード設置済み等のサービスも付属している所も数多く存在します。

バーチャルオフィスの充実した郵便物転送サービスに関する説明

2014/7/22

ワンストップビジネスセンターの郵便物転送サービスは、
会員様あてに届いた郵便物を受け取り、自宅等の国内希望住所へ転送させていただくサービスです。

 

郵便転送

 

毎週金曜日の無料転送サービスは月間100通まで1週間分をまとめて転送いたします。

 

 

 

 

(A4サイズ厚さ2センチまで)万が一100通を超えた場合には1通30円で転送致します。

大きなサイズの郵便物、荷物、小包などは有料転送もしくは、お引取りが可能です。

郵便物のお引取りが不可能な店舗もございます。

ホームページ等でご確認ください。

 

 

郵便転送を説明した動画:

 

郵便物が届いたら会員様専用の「郵便システム」で送り主や外見からわかる内容、サイズ、無料転送の可否をお伝えしておりますので、郵便システムから取り扱いについてのご指示をいただきます。

 

ダイレクトメール等の不必要な郵便物と判断された場合には破棄もご希望いただけます。

 

御社あてに届いた大切な郵便物ですのでご希望いただいた場合でも、郵便物やお荷物の開封は一切行っておりませんのでご了承ください。

 

また、個人契約の方で法人登記をされた場合には、必ず契約の名義変更をお願い致します。
名義変更をされなかった場合、郵便物を受け取ることができず、宛先不明の郵便物として送り主に返送されてしまう恐れがありますのでご注意ください。

 

なお、受け取りができない郵便物がございます。

下記ご注意ください。

受け取り不可の郵便物、荷物はこちらです。万が一届きました際には不在票対応もしくは送り主への返却とさせていただきます。ご了承ください。

 

*現金(現金書留含む)

 

 

 

 

 

 

*植物(生花)生き物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*クール便で届くお荷物(チルド、冷凍食品)

 

 

 

 

 

 

*特別送達(特殊取扱郵便)

 

*本人確認が必要な郵便物(本人限定受取郵便)

 

ご不明な点はお気軽にワンストップビジネスセンター、
カスタマーセンターまでお問い合わせください。

 

電話 06-4400-5061

メール info@1sbc.com

ワンストップビジネスセンターのバーチャルオフィスは銀座にもあります。

実際に事務所を構えることなく、登記可能な住所の利用が出来る。

ワンストップビジネスセンター銀座店なら格安で、銀座の住所を利用することができますよ。

銀座と聞いて何をイメージするでしょうか。

銀座といえば大人の街、和光の時計塔、有名デパートや海外の高級ブランドショップ、単価のメチャ高いクラブ敷居高すぎ!なイメージでしょうかね。

そういえば、銀座のママが書いた本がよく出ますよね。

 

そのタイトルがなるほど!

「お金に好かれる人 お金に嫌われる人のちょっとした違い」

「銀座のママの給与明細」

「できる男 できない男の見分け方」

「できる男の口説き方」「銀座ママの経済学」などなど・・さすが!

人を見て、日々勉強をしないと書けないなーといったタイトルがズラリ。

 

それはさておき、そんな銀座の住所でビジネスしている人ってどんな人?普通の人です。バーチャルオフィスを利用すれば簡単に銀座の住所でビジネスできます。

 

でも自信ないなー大丈夫かなーと迷った時には銀座の母に相談してみてはどうでしょうか。

 

ワンストップビジネスセンター銀座店から割と近くにオフィスがあるようですね。

 

http://www.h3.dion.ne.jp/~ginza-88/ginza-no-haha.html

 

ワンストップビジネスセンター銀座店を利用すれば、

 

銀座の住所で起業することが可能ですよ。

バーチャルオフィスのメリット

ワンストップビジネスセンターはバーチャルオフィス専門。格安だけど質が高いサービスを心がけています。お客様のニーズに応えるよう、都内を中心に拠点を増やしています。

 

 

バーチャルオフィスといえば、オフィスを持たないがオフィス機能を格安に利用できるサービス。専用のスペースはないけれど、法人登記や事務所として住所を使えて、郵便物の受け取りや電話の転送サービスなど、必要な機能を低価格で利用できるのが最大のメリット。

 

都心に事務所を持つと大きくのしかかるコストを、バーチャルオフィスを利用することで大幅なカットを実現できる、そしてビジネスのイメージにマッチした住所を格安に利用できることが、バーチャルオフィスの支持される大きな理由と言えます。

 

 

ミーティングのスペースが必要になったときには格安な個室会議室をご用意。予約をすれば1時間単位での利用ができ、しかもフリードリンク付き。会議室内の備品はどれも無料で利用できるので、備え付けのPCでWEB会議も可能。ワンストップビジネスセンターの会議室は都心の貸会議室とは思えない価格設定で、使いやすさが抜群と会員様から好評です。

 

 

 

 

 

SOHO、個人事業からの起業、企業さまの営業拠点に、都内への進出と、様々なシーンでバーチャルオフィスは貢献できます。

バーチャルオフィスの審査は厳しいです。

2014/6/20

バーチャルオフィスと契約するには厳しい審査を通らなくてはいけません。バーチャルオフィスの契約において審査は法で定められたことで、無審査は違法となります。

 

ワンストップビジネスセンターでは、お申し込みをされた皆様に審査に必要な書類を要求し、厳しい審査を必ず行います。審査を通過された方だけにご利用いただけるのがワンストップビジネスセンターのバーチャルオフィスです。

 

審査の目的については、公序良俗に反する事業、または違法的・反社会的な事業を行うことを目的とした利用を防ぐためのものであり、住所、電話番号などの不適切な利用する行為を防ぐためのものです。審査の基準や方法については開示することができません。万が一、審査が不通過となりました場合、その結果のみをお知らせし、審査の基準や審査結果の理由については一切開示しておりません。

 

*無審査はNGです! 無審査はNGです!無審査はNGです!

 

バーチャルオフィスの審査は年々厳しくなってきています。その一方でバーチャルオフィスを利用しての犯罪が後を絶たないと言われます。未だに無審査、もしくは身分証明書などの書類なしで契約を進めようとするバーチャルオフィス業者があるのでしょう。

 

 

 

しっかりとした審査書類を要求し、審査が厳しいバーチャルオフィスを選ぶことが大切です。審査書類は難しいものは要求していませんので、お申し込みの際には速やかにご準備いただければ幸いです。

 

審査書類は以下のとおり
個人でのお申し込みの方
・代表者様の写真付き身分証明書(免許証、パスポートなど有効期限内のもの)
・代表者様の現住所が確認できる公共料金や税金等の請求書のコピー(3ヶ月以内)

 

法人でのお申し込みの方
・履歴事項全部証明書(3ヶ月以内のもの 現在事項はNG)
・代表者様の写真付き身分証明書(免許証、パスポートなど)
・代表者様の現住所が確認できる公共料金や税金等の請求書のコピー(3ヶ月以内)
(社員の方が代理、もしくは担当者でお申込みの窓口になっていただく場合は、担当者の方の書類も併せてご提出いただきます)

 

ワンストップビジネスセンター 秘書代行サービス

ワンストップビジネスセンターのプレミアムプランは固定電話番号付きプラス電話秘書代行サービス付きのプランです。忙しい平日昼間のお電話はコールセンタースタッフがお客様の代わりに用件を伺って折り返し対応をし、即時にメールでお知らせします。便利な秘書代行プランをご利用で、安心してお仕事に専念できます。

 

 

 

 

 

ご自身でお電話をダイレクトに受け取りたい場合はもちろん簡単に設定を変更できます。秘書代行に戻したい時は、また設定を変えて頂ければコールセンターにつながります。コールセンターでの秘書代行は平日9:00~18:00。18:00以降はご自身に転送設定いただくか、もしくは営業時間外アナウンス、ボイスメールの設定にも変更できます。

 

 

営業時間外アナウンスは下記一文
「お電話ありがとうございます。申し訳ございませんが、只今の時間は営業時間外となっております。恐れ入りますが、翌営業時間内にあらためてお掛け直しください。お電話有難う御座いました。」

ボイスメールは下記一文
「お掛けになりました03-****は、現在席におられないためかかりません。ピーという発信音の後にメッセージをお願いします。」

 

また、電話秘書代行で受け取ったお電話の中で、明らかに迷惑な「営業電話」とわかる内容については1コールに含みませんのでご安心ください。

 

ここまで出来てプレミアムプラン月額利用料金14,800円+税の安心の価格設定です。エコノミープランやビジネスプランからのプラン変更も可能です。

ワンストップビジネスセンター 秘書代行サービス

ワンストップビジネスセンターのプレミアムプランは固定電話番号付きプラス電話秘書代行サービス付きのプランです。忙しい平日昼間のお電話はコールセンタースタッフがお客様の代わりに用件を伺って折り返し対応をし、即時にメールでお知らせします。便利な秘書代行プランをご利用で、安心してお仕事に専念できます。

 

 

ご自身でお電話をダイレクトに受け取りたい場合はもちろん簡単に設定を変更できます。秘書代行に戻したい時は、また設定を変えて頂ければコールセンターにつながります。コールセンターでの秘書代行は平日9:00~18:00。18:00以降はご自身に転送設定いただくか、もしくは営業時間外アナウンス、ボイスメールの設定にも変更できます。

 

営業時間外アナウンスは下記一文
「お電話ありがとうございます。申し訳ございませんが、只今の時間は営業時間外となっております。恐れ入りますが、翌営業時間内にあらためてお掛け直しください。お電話有難う御座いました。」

 

ボイスメールは下記一文
「お掛けになりました03-****は、現在席におられないためかかりません。ピーという発信音の後にメッセージをお願いします。」

 

また、電話秘書代行で受け取ったお電話の中で、明らかに迷惑な「営業電話」とわかる内容については1コールに含みませんのでご安心ください。

 

ここまで出来てプレミアムプラン月額利用料金14,800円+税の安心の価格設定です。エコノミープランやビジネスプランからのプラン変更も可能です。

ワンストップビジネスセンターの郵便物の転送の方法

2014/3/4

ワンストップビジネスセンターでは会員様宛の郵便物を受け取り、転送させて頂く郵便物転送サービスがございます。

 

お客様宛に郵便物、お荷物などが届きましたら弊社の郵便担当が、弊社郵便システムを介してお客様のメールアドレスへご連絡いたします。

 

 

無料転送、即日転送、お引取り、破棄という選択がございますのでご指示いただきます。

(ご指示いただけない場合は無料転送可能サイズの郵便物は自動的に金曜日の無料転送扱いとなりますが、規定サイズ外のお荷物の場合、保管期間終了後は破棄処分となりますのでご注意願います)

 

 

基本的に毎週金曜日に無料転送を行っております。A4サイズ厚さ2センチまでの郵便物は1週間分まとめてお客様のご指定の国内住所へ転送させていただきます。

 

 

基本サイズよりも大きな郵便物、小包、お荷物などはお引き取りに来ていただくか、もしくは別途有料料金で即日転送させていただきます。(一部お引取り不可の店舗がございます、ご契約前にご確認ください)

 

また、下記のものは受け取り、転送ができませんのでご注意ください。

*生き物、生もの、生花

*現金書留、現金

*クール宅急便

*特別送達、内容証明郵便

***クールな荷物は受け取れません!ご注意ください!***

 

 

 

着払いのお荷物に関しましては基本的にお受け取り致しかねますが、デポジット(10,000円~)をお預けいただけましたら可能でございますので、ご相談ください。

特にインターネットショップなど、お取り扱いの商品が着払いのお荷物として届いてしまう可能性がある場合はご注意くださいませ。

 

 

 

 

バーチャルオフィスの郵便転送サービスと私設私書箱を比較

ワンストップビジネスセンターの各種プランに含まれている「郵便物転送サービス」は会員様宛に届いた郵便物を受け取り、ご希望の国内住所に転送させて頂くサービスです。届きました郵便物は郵便担当が会員様のご登録メールアドレスへ郵便到着のご連絡を郵便システムを介し、差し上げます。

 

A4サイズ厚さ2センチまでの規定内サイズの郵便物であれば、毎週1回金曜日にまとめて無料転送を行っております。

 

「郵便物の受け取りと転送が目的なので、他のサービスはいらない。安くなりませんか?」「セカンドアドレスとして住所を使いたい、会議室などの利用はないので郵便物受け取りのみのサービスはありませんか?」とお問い合わせいただくことがございますが、ワンストップビジネスセンターはあくまでも、バーチャルオフィスを専門としております。

 

 

*ワンストップビジネスセンターはバーチャルオフィスの専門店です*

 

 

 

バーチャルオフィスのサービスの中に「郵便物転送サービス」がどこのバーチャルオフィスにもあるかと思います。   このサービスは私設私書箱の郵便物の取り扱いと似ているところもありますが、バーチャルオフィスの郵便物転送サービスは登記可能な住所を貸出し、その住所に届いた郵便物を受け取り、転送といったサービスをバーチャルオフィスのサービスの一環として行っております。

*プランを多数ご用意してます*

 

 

起業家や個人で事業を展開している方のトータル的サービスを行っているのがバーチャルオフィスでありまして、あくまでも郵便物のサービスはトータル的サービスの中のひとつと言えます。   郵便物の受け取りのみの目的だと私設私書箱のほうが料金も、バーチャルオフィスより低価格な設定の業者があると思いますが、登記できる住所の貸出、会議室などの場所の利用や電話サービスまで、幅広いサービス展開も今後必要になっていくことが予想される場合はバーチャルオフィスのご利用、いかがでしょうか。

1 / 4512345...102030...最後 »
お問い合せ / お申し込みフォームはこちら→
« 前ページへ戻る TOP