トップへ戻る

起業家インタビュー 中島 三栄子さん

大阪の子育てママの情報サイト ママココ 代表 中島 三栄子さん

まずは中島さんがどんなお仕事をされているかお聞かせいただけますか?

はい。大阪地域をメインにした子育ての情報サイトを運営しております。

大阪をメインにした子育ての情報サイトですね。
お客さんはもちろん子育てに悩んでらっしゃる方ということですよね。
悩んでらっしゃるというか、情報を求めてらっしゃる方ですよね。

そうですね。私のお客様というのは直接ママたちというのがメインなのですが、売上げはサイトに掲載する広告収入で成り立っております。

インタビュー風景へーーそうなんですか。
広告はサイト内で募集されてきてるんですか。
それとも既存の誰か知ってる方ですか。

いえ、私が探して、ピンポンって飛び込み営業ですね。

えーーそうなんですか。

全く何もないところから…。私、ベビーマッサージの講師なんですよ。それを急に始めて、ただの主婦だったので。
ほんとにゼロからの飛び込み、で何とか。

なるほど。こちらは大阪以外の人もご覧になるんじゃないですか。

もちろん大阪以外の方もいらっしゃいますよ!

兵庫県とか、子育て多そうなイメージですよね。私も詳しく知らないのですけど、西宮ガーデンとか 行くと、めちゃめちゃお子さんいらっしゃいますよね。

そうですね。そういう意味でいうと、日本はすごい田舎以外は子育て支援は活発といえば活発ですね。

そもそも、なぜ、こういう風なサイトを始めようと思ったんですか。

元々、私のベビーマッサージ教室が始まって1年とちょっとなんですけど、1ヶ月の間に数人のお母さんを 呼べばいいだけなんですね。1ヶ月に1レッスンなんですけども。そのお客さんを集めるのに四苦八苦したんですよ。 試験を通ったのはいいわ、やろうと思ったはいいけども、もちろん営業の経験も何もないし、あれこれどうやったら お客さん集めれんのやろって。これを作ったチラシをひたすら自転車に乗って配りまくってたんですよ。

これ何とかしないあかんわと思って、お金つかってでも広告出さなあかんわって何個かやってみたんですけど 何かおかしいし、ここも店舗っていうか借店舗なんですけども、そこに住んでる赤ちゃんを持っているお母さんを ターゲットにだけ広告をすればいいだけなのに、「何で広告の媒体がないねん!」って。 結局探したらあのたまごクラブひよこクラブしかないんですよ。

でもそこは200万かかるんです。200万出してもらっても個人事業種さんには出稿できませんって冷たく電話切られて。

それでそういうメディアがもうないんやったら作ってしまおうか!というのが始まりです。 お母さんにいいものを伝えながら、私がしたいベビーマッサージとかみたいな企業さんのニーズも 一緒に出来るんじゃないかなと思ったのが最初です。

へーーー。元々はウェブの知識とかはあったんですか。

まったくなかったです。誰も止めてくれなかったです。

ははは。止められたかったですか。デザインとかどうされてるんですか。

それはもう写真と文章だけ渡すとシステムの人が作ってくれはるので。

すごい柔らかい、女性らしい雰囲気ですよね。

ありがとうございます。

どちらかというとニュースサイトみたいな近い感じですよね。
結構更新って大変じゃないですか。

大変。

大変ですよね。

5日に1回くらいは何らかの情報が入れ替わる。

取材とかされてですよね。
それで認知度が得てきたんで、広告どうですかみたいなところですか。

やっとそうなれて来てるのかなーってところですけど。ほんとになかったのはなかったんですよ!
大阪専門の子育てとかのサイトが。だから企業さんも広告出稿してくれるようになったのかなと。

へーーなるほどですね。年間契約みたいな感じでバナーを売ってらっしゃるんですね。

最低契約が1年ですね!

なるほどですね。
(サイトを見ながら)この「起業セミナー」っていうのはこれはなんなんですか?
うちのバーチャルオフィスとも近いのでピーンと来ちゃったんですけど。

それは私が自分でプチ起業してどえらい目にあったので、夢や希望だけでは食べていかれへんと思ってね。 プチ起業がすごい流行ってるんで、主婦の間で。

へーーそうなんですか。プチ起業っていう言葉ですか。

はい、プチ起業っていうんですけど。ママたちに対する、しっかりした、しかもスペシャリストによる 講座とかがなかったので、先に打ち出してしまおうかと、時期尚早なんですけど。

インタビュー風景主婦の起業なんですね。

女性ではなく、主婦ですね。ターゲットは。

元々、中島さんは働いてらっしゃったんですよね?

経理関係ですね。ずっと経理をしておりました。

それは会計事務所ですか。

会計事務所も、一般企業も。

外見から拝見するに、全然、経理っぽくないですね!
そもそも経理畑出身の人で起業する人ってめずらしくないですか。

起業する前はが中小企業の経理だったんですけど、 その時期に私もそういう本をいっぱい読むようになってしまったんですよ。

あーなるほどー。そこでいろいろ学ばれたわけですね!

人間って勉強しているときが一番楽しいじゃないですか。

女性って好きですよね。勉強、講座とか。

大好き。何かちょっと賢くなった気分になったりとか。

わかりますわかります。

ベビーマッサージの資格もほんまに20万、30万とか40万の世界なのね。それをとったら食べていけると思ってる主婦の方が多いんですよね。
お小遣いくらい月4、5万くらいにでもなったらいーなとかって簡単に考えているんですよ。
でも月に4,5万っていったらあなた月に人を何人…ていう話ですよね。
具体性がすごく抜けているんです。夢と希望だけで資格をとっちゃうんだけども、その後がやっぱり苦労されてしまうんですよね。

中島さんは実際やられてきたことが泥臭いじゃないですか。
自転車にのってビラ配ったりとか、お聞きしていて、やっぱりそこ大事だと思うんですよ。
それ皆さんやることをイメージしてないじゃないですかね。そこの気合と根性が本当に大切ですよね。

そのとき私も集客に困っていたので、「1万円出してでもこの本でも読んだら?」って教えてくれる人がほしかった。 でも当時はそれを誰に聞いたらいいかもわからへんし。
「集客はこんな風にやるんやで!」「〇〇が勉強になるから、この本読んでみー!」って言ってくれたら、 遠回りして本屋のずらーっと並んでる勉強にならない本を永遠に読まなくてもよかったのにと思います。
ずいぶん、遠回りした感があるんですよね!

大阪でこのサイトが成り立ってるんだとしたら、横浜なら横浜でも同じように横浜版作れますよね。

3年後に東京行くから、応援くださいね(笑)

はい。もちろんです。仙台とかでも。
東京のほうが圧倒的に速そうな気がしますけどね。
パソコン使う人が多そうな気がする。

東京は範囲が大すぎて。大阪は丁度いいの大きさが。まとまりがあって、大阪市内っていうと、まわりでも電車で行ける範囲で、全体的に情報をあつめたいからちょうどいいんですよね。

なるほどなるほど。

だからこそ、クライアントの企業さんも出稿してくださると思うんです。

話がもどりますと、プチ起業塾ではいろいろなことを教えられるんですね。
(サイトを見ながら)まずはマーケティング、自分らしい生き方を決めましょうから始まって…どっからお客さんを集めて…

ソーシャルも使って、あと少し法律の部分も、個人事業主にもなるし、トラブルもあるよって。
あと何でって思いながらも一番大事なマナーとかビジネスの心得じゃないけど、そういうカリキュラムももうけています。

インタビュー風景そうなんですか。

生き方だけでも勉強になるかなと。

で、最後に中島さんからお金の話と。

何でやねん(笑)て感じでしょ。

とてもいいと思います。

よくわかりました。
中島さんの夢とかってお持ちですか?
近い将来、、目標とか。さきほど東京に行くっていうのは出ましたけど。全国やりたいとか、大阪と福岡とどこかだけやりたいとか。 今は企業のコンテンツやってますけど、全然違う、ママ向けの漫画が作りたいとか。
全然突飛な発想になりますけど。

はいありますよ!
例えば…全然関係ないけど、大阪で凶悪な事件が起きたとしましょう。

はい。

普通は学校とか近所のコミュニティではたまに「ナイフの変な人が出ました!」みたいなことがメールでくんねんね。 そして、「一斉に帰宅させます!」っていう一斉メールが来るんですよね。

幼稚園でもメール来る場合もあんねんけど、幼稚園にも行ってないお母さんはそんなメール知らないで道歩いてんのね。 その差って大きいよね!って思うんです。そういうのがあったときにこのサイトでも即時にニュースを流したり、 皆に届くくらい影響のあるメディアでありたいなっていうのはありますね。 何かあったときに助けがいるっていうときに、こんな困ってる人がいるって人がいたときに一緒にして力になるっていう。 そんなコミュニティがあれば…大阪とか東京とかにかかわらず。

へーなるほど。そもそも子育てに苦労されたから、フラストレーションが多かったからこそなんですかね。

思ったらとりあえずやってみようということですね。よくわかりました。とてもこちらもバイタリティをいただく すばらしいお話を伺うことができました。本当にありがとうございました!

中島 三栄子さん

大阪の子育てママの情報サイト ママココ大阪 代表

平成10年大阪市中央区に自主サークル「なにわベビーズ」を立ち上げる。平成15年に「わいわい新聞」を立ち上げ、大阪市立子育ていろいろ相談センター主催「子育てシンポジウム」にシンポジストとして参加。平成23年には文部科学省認可(財)日本文化余暇振興会認証育児セラピスト1級、(財)日本アタッチメント育児協会認定インストラクターになる。また同年にはベビーマッサージ教室「GRANDMA」開始し、サークル「G-story」を立ち上げ。また平成24年よりママココ大阪をスタートするなど幅広く活動中。

ママココ大阪:http://www.mamakoko-osaka.com/

【1SBC】起業に役立つ無料メルマガ

お名前
E-Mail
起業やビジネスに役立つ情報を無料で配信中!