トップへ戻る

バーチャルオフィス利用者必見! 先輩起業家事例 オークション起業育成をする株式会社ハーフウェスト 代表取締役 西村泰一さん

西村 泰一さん

西村 泰一さん プロフィール 株式会社ハーフウェスト 代表取締役

2000年2月 ヤフーがオークションのサービスを開始直後から出品を始め、サラリーマンの傍ら副業で4年間以上出品を続ける。
その後、その経験を生かし、オークション出品のノウハウを元にオークション出品者へのアドバイス、コンサルティングを行うようになり、独立起業を果たす。

2004年9月 初の教材「オークション起業講座」をリリースしたのを皮切りに、セミナー講師として全国を飛び回り、雑誌や新聞などのメディアに数多くの取材を受けるようになり、オークション起業家育成の第一人者として有名になる。

2005年11月 オークション専門の起業家育成スクールとして『NAA』を設立。お小遣い稼ぎ目的の主婦から業者まで、幅広い会員が全国から集まるようになる。
著書は「オークション起業の実践成功マニュアル」(日本実業出版)をはじめ4冊を出版している。
西村 泰一さんの出版

まずは西村さんが起業されるきっかけとなった事を教えていただけますか?

起業のきっかけというか、、、私は起業するまでの道のりがすごい長いんです。
今52歳なので、私が就職した20歳くらいのころってのはバリバリ終身雇用の時代で、就職したら定年までいるのが当たり前という時代だったんですけれど、なぜか私はその当時から独立して何かやりたいなとぼんやりと思っていました。

今から30年以上前ですから、当時インターネットどころかパソコンなんて影も形もない時代でした。

個人が起業するといっても、当時考えられた事業は工具一式買って工事請負業者やろうとか肉体労働くらいしか思いつかなかったんですけれど。 そういうことででもいいから何か事業をやりたいと思っていました。

会社は大手の電器メーカーに就職したので、そういう大きい会社なのでほぼ全員が定年までいるみたいな感じが常識なわけですけど、私はコソコソずっと何か副業をやり続けていました。でも、なかなかどれもこれもたいして儲からずに時間は過ぎていったという感じでした。結局20年くらいはそういうのが続いてましたね。

20年!もずっと悶々とされていたんですね。

そうです。でも絶対あきらめずに常に何かやっていたんですよ。投資も早くからやっていましたし、今みたいに気軽に副業できる時代ではなかったのでやれることっていったら限られてますけど。色んなことにも手出しましたね(笑)

結局、私が35歳くらいのときにインターネットが出始めて、やっとこれで何か出来そうだなとネットで色々始めたました。そして、40歳のときにとうとうyahooがオークションのサービスを始めたんですよ。
それで物を売ったときに生まれて初めて「商売をやって稼げる!」と感じ、ドンドンのめり込みました。
それからリアルでお店から仕入れてきてオークションで売るという繰り返しをひたすら副業でずっとやってました。

最初は何を売られたんですか。

インタビュー風景最初は不用品ですね。家内の服をですね、捨てるくらいなら100円くらいでも売れたらいいじゃんと思って出したら意外と500円とか800円とかで売れて。金額はしれてますけど、こんなに売れるんだと思いました。
最初、家内の服を売ったので、こういう女性の服とかが売れるんだなーと思って そこらへんのバーゲン品みたいなのを買ってきて売ってみたら、3倍くらいで売れたので。
初めて買ったのは今も忘れませんね。ワゴンで500円で売ってたものをこれ売れるんじゃないかなと思って出したら、 1500円で売れたので、これはいけるなと確信して。
色んなところのセール品をまとめて買って、出品してっていうのをひたすらやっていました。副業で4年くらいやりましたね。
結局、独立するきっかけっていうのは、このオークションのノウハウっていうのはすごく持っていて、自信もありましたので、このノウハウを教えることをビジネスにしようと思って。
実際に教えて欲しいという人もいたし、セミナーをやったりするようになって会社やめたんです。

そこまでずっと副業でやっていたわけですよね。アフター5と土日で。

はい、そうです。幸い、私は残業の少ない職場ばかりで結構自由な時間はあったんですよ。土日はほぼ確実に休みで。 それでも極限までやってましたけどね。寝ないでとか。

私もオークションやっていたんですよ。

そうなんですか。

2000年〜2006年までやってましたね。輸入したものと、リサイクル品と2つの仕入れでやってたんですけど。 それで教えるってほうには向かなかったんですけど。

あれは本当にめぐり合わせだったと思います。たまたま本屋さんで立ち読みしててね。
これからはノウハウを売ることがビジネスになるよって書いてある本があってそのたった1行だけでピンときました。
私のオークションのノウハウは日本一やからこれは教えたろ!って思いました。

なるほど。どういう教え方をされるんですか。YOU TUBEで教えるとか、少人数、大人数のセミナーとか色々あると思うんですけど。

最初は無料メルマガを出して、読者をまず集めて…

まぐまぐさんですか。

まぐまぐです。かなり気合入れていたので、とにかくランキング1位狙って。あれが原点ですよね。

1位をとらないとダメなんですか。

そうですね。1位をとったから色んなところから話がきて、仲間ができて。もう10年前ですけどいまだに付き合ってる人とかいますね。

競合他社さんといらっしゃらないんですか。

その当時は全然いなかったですね。今はたくさんいますけど、当時はいませんでした。

無料メルマガから始めて、次は有料というステップですか。

そうです。それでマニュアルを作って売ったんです。7月にまぐまぐ創刊して9月にはマニュアル出しましたが当時にしては結構売れたんです。
結構売れたといっても今にしたらしれてますが、3万円くらいのマニュアルが400本くらい売れたので。当時のサラリーマンにしては結構良かったんですよ。 その当時はPDFとかなかったので、全部プリントアウトですね。
9月に出したマニュアルが売れたので、その売上があったのでもうこれは辞めようと退職しましたね。

なるほど。オークションの塾のなかではパイオニア的な存在なんですね。

そうですね。そのあとそのマニュアルを売って1年近くは売ってたと思うんですけど、その購入者さん向けに塾を開いてそれが8年前ですけどいまだにそれが続いてますからね。

どんな方がお客様でいらっしゃるんですか。

当時はまだ主婦の人が多かったんですよ。まだオークションが主婦のおこづかい稼ぎという認識が強かったので女性が半分くらいだったんですけど、そこからだんだんサラリーマンの副業という人が増えてきて、今はそっちのほうが圧倒的に多いですけど。

思い出すと…月間100個くらいの出品までだったら家で出来ますよね。そのうち梱包とか配送とか仕入れとかの壁にぶつかってくるじゃないですか。それってある程度の規模まで指導されるんですか。

今はコースをいろいろわけてまして、それぞれの塾をやっていまして、そういうことを教えている塾もあります。
高額の塾になるとほんとにマンツーマンでスカイプとか使って、あらゆることを指導しますし、安い継続課金の月5000円のとかは個別サポートとかは一切なしで、フォーラムで皆で質問しあって答えあうという会員専用の掲示板的なものをやってます。

基本的には西村さんの会員専用スクールには3つくらいのプランがあるんですよね?

NAAはそうですね。5000円、1万円、2万円くらいですね。

会員様の継続率ってそれぞれどのくらいあるのでしょうか。

5000円の会員様の継続率は高いですね。それこそ立ち上げたときからの8年間入ってくれてる方もいますからね。

めちゃくちゃありがたいですね。新規の会員さんを集めつつですか。長くやってらっしゃると会員さんたちでオフ会とかされたり 自発的に動いていく感じなんですかね。

ええ。うちはそういうのがめちゃくちゃ多いですね。会員さん同士が本当に親友になってたりします。北海道と大阪の人が塾の掲示板で知り合ったりして、そのうち本当に親友になって、会って温泉行ったりとかしたりしてますよね。

我々も起業家向けサービスをやっていて、どうしてもうまくいかないでやめていってしまう人もいて、出来るだけ多くの方に続けていってもらいたいんですけどそういう方に対してはどう思われますか?

インタビュー風景みなさんあきらめるのが早すぎなんですよ。私は20年間、芽が出なくっても絶対にあきらめなかったし、私の成功した理由ていうのはそれだけだと思うんですよ。あの20年間の間に1回でもあきらめようと思ったら終わりだったし、あれだけ何やってもダメだったのに失敗してもあきらめないっていう。ただ今の人って1カ月やって何か儲からないなとか思ってやめすぎですよね。
そんな簡単にあきらめるなんてダメですよ。すごい環境良くなってるし、ネットで稼ぐのなんてすごい簡単な時代になってるのに、なんでそんな簡単にあきらめるのか私としては信じられないです。

yahooはこないだの手数料値下げでさらにやりやすくなりましたよね。あれはどう変わるんですかね。

あれでネット参入が非常にやりやすくなったんですよね。ただそれでハードルが下がったっていうのは確かですけど、これからどうなるかっていうのは わからないですよ。出店者が多くなったってことはそれだけ供給が多くなることなので、さあ売上がすぐ上がるかどうかっていうのはわからないですけどね。

実際に変化はあるんですか。参入が多くなったとか動いてきたとか。

いや、具体的にはそんなに…。yahooショッピングの店舗数が一気に何倍にもなるから、今まで2万店しかなかったところにたぶん今その何倍も申し込みが入ってる状態みたいですから、一気に増えますけど、だからってそんなに売上が上がってyahooショッピングの売上が何倍にもなるかっていったらならないでしょうしね。

この10年間くらいで規模っていうのは大きくなってるんですかね。

実はね、ヤフオクの場合はたぶん総売上的にはここ5年間くらいはそんなに変わってないと思います。公式に発表されてないので正確にはわからないですが、出品数は増えて、単価が下がっているという状態だと思います。

なるほど。規模は横ばいみたいな感じなんですよね。
昨年までは輸入が良かったので輸入してた人はおいしい思いはされてたんですかね。

中国の個人輸入の規模はすごい大きくなってるんですよね。タオバオがすごいきちんとした体制で出来るようになったじゃないですか。 それでタオバオで仕入れてヤフオクに転売するとか、Amazonで転売するっていう業者は激的に増えてますので。

タオバオから仕入れて転売であれだけで成り立つんですか。

今はすごいいけますよ。

そうなんですね。私はタオバオあまり見たことなかったんですが。アリババとかがもう使われてないんですか。

あれも全然いけますね。大丈夫ですよ。

あとはイーベイとか、Amazonとか?

イーベイ仕入れは飽和しきってますけどね。利益とれないですよ。

今後何か新しくおこるであろう仕入れ先とかは何かあるんですかね。

ええとね、まだ中国のタオバオはあと何年もいけるのは確実ですね。普通は3年くらい経つと結構飽和してくるんですけど、さすがに中国輸入はまだまだ いけるなって感じですね。参入者はどんどん増えているんですけどね。

とくに伸びているジャンルとかはあるんですか。食品とかアパレルとか文具とか。

うーん、あらゆるものが中国製じゃないですか。何もかもが中国製なので売れるものは何でも売っちゃえみたいな。利幅がとれるものであれば ジャンル関係なく仕入れて転売するという。
なので副業で月商100万、200万くらいのサラリーマンが日本にはごろごろいますよ。

なるほど。簡単ですよね。明らかに。オークファンとかで売れる値段とか見れるわけですよね。仕入れも決まってるわけですよね。 あとは出荷の手続きとかだけですもんね。

インタビュー風景そうですよ。今Amazonがすごく売りやすくなっているので、ヤフオクより。Amazonで売る人のほうが圧倒的に多くなってますよね。 本以外のジャンルを力入れてるので。5年位前からですけどね。中国輸入をAmazonで転売する人が多いですよね。
Amazonだとすごい楽じゃないですか。FBA使って中国から商品届いたらAmazonの倉庫に送ってしまえば、自宅に置かなくてもいいし。

そうなんですか。

今そっちのほうが主流になってます。

Amazonって手数料そんなに高くないんですか。

いや、結構取られます。中国仕入れは粗利が結構大きいので、手数料取られてもまだいけますよね。

西村さん自身はもうショップはもたれてないんですか。スクールのみですか。

うちはネタ探しのために色々やってますよ。でもあくまでネタ探しですね。中国輸入も色々試してみて皆さんにに情報を提供できるようにネタ探しとして やってみてるみたいな感じなんで。なので自社でそんなにガンガン売ってるわけではないです。

今何か新しい取り組みとかされていることはあるんですか。

今、最先端というとまだ不透明ですけど一番これからいけそうかなというのはアメリカAmazonへの輸出ですね。

個人での出品ですよね。

日本でその辺に売ってるのをリアルに仕入れて、アメリカでは高値になってるというのは面白いですね。

どんな商品が好まれるんですか。

やっぱりオモチャですけどね。

オタク的なものですか。

そうですね。新品のほうが出しやすいんで。買うのもフツーにその辺の店で買って、Amazonに出品すると結構いけますよ。

関税の問題とか大丈夫なんですか。

あんまりかからないですよ。かかるときもありますけど。場所によって全然変わりますけどね。日本でもそうですよね。

なるほど。オークションのことはだいたいお聴きしましたが、 もうひとつお聴きしたかったのは、会員制ビジネスについて、スクールとかはまた別じゃないですか。
会員ビジネスについても何か苦労した点とかありますか。

そうですね。私はオークションを教える塾としては日本で一番古くからやっているんじゃないかと思っていまして、それ一筋でやってきているんで それなりのノウハウとかも蓄積してます。私の会員制の場合はまぁ安いから、5000円くらいからやっていますけど入ってすぐ辞めてしまう人ももちろんいます。でも、3カ月くらい経つとやめないで、結構そのまま続くので、最初の3ヶ月を続けていただくことを集中するとか。
3カ月くらいまでは別にそういう人だけのメールをこまめに送っていたりとか、来月はこんなのやりますよーとか、 あと1カ月続けたらこんなレポートありますよとかちょっとしたレポートでもいいんですけどね、会員さん限定で流したり。
じゃあ、あともう1カ月入っとこうかと思わせるとか。あとはリアルな交流をできるだけもたして、いわゆる懇親会ですよね。
懇親会を東京、大阪なんかでまめに催して、皆の人間関係を作らして、やめづらくするとか。

交流会では各会員さんが個人のプロフィールを明かしているんですか。

結構それも会員さんの質にものすごい左右されるんですよね。私はよくお客さんにも言われるんですけど、こんなに お金儲けの方法教えてる割には全然ガツガツしてないし、やわらかい感じなので私と価値観のあったお客さんが集まってくれて。
なのでお互いに教えあったり、助けあったり皆してくれるんですよね。

へえ、そうなんですね。

私はたくさん塾とか会員サービスとかやってますけど、ほんといいお客さんばっかりで。
皆さん、私が教えなくても掲示板なんかでもこんなん困ってますとか パッと質問が出ると、私とか講師とか書かなくても他の会員さんがばばーっと書いてくれるので。

会員さんの交流もそうですけど、先生とも交流したいですよね。西村さんとの交流も年に何回か行うってことですね。

NAA会員限定セミナーは年6回開催はずっとやってますし、あとは忘年会やったりとか。なので結構会ってますよ。

長くやり続けるにはノウハウを出し続けなければいけないじゃないですか。それにはインプットも必要ですよね。
そのあたりのバランスはどうお考えですか。

インプットはそうですね…。オークションとかネットビジネスの場合は常に新しい情報、変化があるとその話はしますね。 Yahoo!ショッピングのことをずっと話してなかったですけど、これからは話すようにしますねとかいったり。

ソーシャルメディアのこととか話したりするんですか。そういった畑違いなこととかも。

あんまり話さないですね。塾の中ではしないですね。その塾はその塾にあったことだけにしておきますよね。 ほんとは会員制は投資とかはずっと変化しつづけるじゃないですか。やめたらその情報が手に入らないじゃないですか。
ああいうのが一番会員制に向いてるんですよね。
オークションとかの場合はやりにくいというのはあるんですよね。

お客さんたちの悩みを聴いたりするのとかがヒントになるんですかね。

そうですね。それが一番いいですね。
個別に質問が来たものを皆でシェアしていくというのが一番いいですね。

スクールの中でも何科みたいなのがいくつかあるんですか。

今ご覧になってたのはNAAという塾です。
それ以外にも中国輸入だったら中国輸入塾、せどりとかパソコン販売など細かく色々別れてるんですよ。

講師の養成とかもされてるんですか。

そうです。元々はうちの塾生さんで、その人が目立ってくると塾をまかせて、課金とかはうちでやってその人は塾の講師だけやって いればいいよみたいな。8年間、それで塾の数を膨らしてきた感じです。

インタビュー風景信頼関係もありますしね。

どこかから講師を呼んでくるとかはしたことありません。
塾生さんにしても今までは物販だけ一生懸命だったのを今度は講師として。喜んでもらってますけどね。

元々教えられるのが得意だったんですか。

全然(笑) やってみたら別にできたなみたいな感じです。人前で話すことなんてしたことなかったですが、セミナーやったら普通に話せるし なんてことないなみたいな感じです。

なるほどですね!西村さんが今後やっていきたいなということはありますか?

まだ今の事業を拡大したいなと思ってるので、新しいことを広げていこうかっていうのはあまりないですね。表向きはね。
ただ私が塾長としては出るよりも、塾の講師のみなさんががいっぱい育ってきてますから、その人たちにまかせていくスタイルに変えて行きたいと思っています。

なるほどですね!とても勉強になるお話、ありがとうございました。

【1SBC】起業に役立つ無料メルマガ

お名前
E-Mail
起業やビジネスに役立つ情報を無料で配信中!