トップへ戻る

バーチャルオフィスのメリットとデメリット

ここではバーチャルオフィスを使った起業のメリットとデメリットを包み隠さず、ご紹介したいと思います。

自宅で起業 オフィスを借りて起業 バーチャルオフィスで起業
コスト ×
顧客からの信頼性
安全性 ×
住所の重複 ×
郵便の受取
許認可の申請

【メリット】

  • ・大幅な家賃削減ができる!!

    あなたがオフィスを借りていることで、毎月いくらの利益を生み出していますか?

    例えば5万円のオフィスだとしても、それを生み出すのにはいくらの売上が必要になるでしょうか?

    実はあなたの仕事にはオフィスはいらないかもしれません。
  • ・都内一等地に住所が持てる!

    顧客が少ない起業当初は「企業イメージ」も大切です。都内一等地を名刺に記載できることは顧客へのイメージアップは間違いありません。
  • ・自宅の住所を明かさなくてもよい!

    とくに女性にとって名刺に住所を記載することは「リスク」が伴います。とくにファンが必要な商売にとってはすべての情報を明かすことは「信頼」でもありますが、「危険」もはらんでおくことを理解しておくべきです。
  • 【デメリット】

    • ・他社と住所が重複する。

      バーチャルオフィスは非常に多くの会社様に同じ住所をご利用いただいています。
      検索エンジンなどで住所を検索した場合、御社だけではなく、他社様が表示されてしまうことがあります。

      これはバーチャルオフィスをご利用いただく上ではご留意が必要です。
    • ・郵便の受け取りに時間がかかる

      迅速に郵便を受け取りたい場合でも、当センターを経由し、転送をしてからの受け取りになりますので、1週間前後時間がかかる場合があります。
    • ・免許の登録申請などに本店として使用できない場合がある。

      お客様の開業に必要な届出や許認可や免許の申請にバーチャルオフィスではNGの場合があります。

      ご利用前にしっかりとご確認下さい。