トップへ戻る

お客様の声 あい様

お客様インタビュー : スピリチュアルカウンセラー あい様にお話しを伺いました。

スピリチュアルカウンセラー あい様 プロフィール
北海道出身の30代。13年前に上京し東京NSC6期生としてお笑いを学ぶ。
その後、芸人時代から学んでいた占いの知識を生かそうと大手占い会社に所属。
たぐいまれなトーク力と未来の高い的中率で数々の悩める人たちを幸運の道に導き、11か月連続占い依頼数No.1に輝く。その後フリーになり、電話占い1日最長800分待ちという驚異的な記録を打ち立て一躍人気占い師に名を連ねた。

インタビュアー(以下 I )簡単に自己紹介からお願いいたします。

あい様(以下あい)私は、お仕事名が「スピリチュアルカウンセラー あい」と申しまして、占いを仕事にしておりまして、こちらを利用させていただいております。

 I どのような占いでしょうか、ターゲットの方はどのような方ですか。

あいターゲットの方は大体30代~50代の女性がメインでして、こちらを利用させていただいて、対面での鑑定の時に使わせていただいております。

 I 占いですからやはりプライベートなお話も多いので、個室がいいという事ですね。

あいそうですね、個室がいいです。そして雰囲気的に明るい感じで装飾していただいているので、開放的にお話ができます。占いの館のような場所だと、お客様が気負ったり、リラックスができなくてお話ができないと言う意見の方も多いので、ゆっくりとプライベートのような感じでお話していただきたい、というのをコンセプトにこちらを利用させていただいて、占いをさせていただいています。

 I なるほど、ありがとうございます。お仕事を始められたのはいつごろからですか。なぜ占いのお仕事をされたいと思ったのか、きっかけはありますか。

あい占い師をしたいとサラサラ思っていなくて(笑)始めたのは2011年くらいからでしょうか。(占いに)出会ったきっかけというのは、2007年に離婚をしまして、その時に苗字を旧姓に戻すのか、今のままかというのを選ぶことができるので、その時に占いというものを知りました。姓名判断みたいなもので、名前をせっかく人生で選べるからということで占い師を紹介してもらってから占いを知った感じです。

 I なるほど。

あい元々占いが好きというわけではないのです。何かあった時に聞くくらいだったのですが、仕事に困りまして・・私は元々IT関連でネットショップをやっていたり、ホームページ制作とかコンサルタントをずっとやっていたのですけど、競合他社がたくさんいますし、土地を変えてという事もあったので、うまくいかないと悩んでいた時に友達が「占い師をしたら」と言っていたのです。それがきっかけで、タロット占い教えてもらおうかなと、殆ど教えてもらっていないですが、そのままプロで占い師をやり続けています。

 I なるほど、今どのように集客されているのですか。

あいインターネットです。

 I インターネットですか、それはお得意ですよね。

あいそうですね、得意ジャンルです。

 I 会議室を使っていただいて、お客様から何か会議室についてフィードバックがありますか。

あい雰囲気が良いですねって言われます。

 I なるほど、イメージアップになっていますか。

あいイメージアップにはなっていますね、来やすいというか、場所もある意味オープンになっていないので、来ていても占いに来ているとは絶対にバレない。話していても閉鎖感があるわけではないので、長居して下さいます。

 I 会議室を使っていただく他は、郵便なんかは使われていますか。

あい使っています。会議室もそうなんですけど、やはり職業上、住まいは明かしてはいけないし、ちょっと危険もあるので一番大事なのが住所だったのです。そこがきっかけにプラスαで、そういう場所はないかと探していました。住所だけ借りるのを前提な考え方なので、料金面も考えたときにとても便利が良かったということです。なので、郵便物の転送は海外から鑑定依頼とかもありますし、ブレスレットも販売しているので、転送していただいて、私の手元に来て送るとか、そういったことにも使わせていただいています。しかも早いので、あまりタイムラグがなく、お客様から転送郵便を使っていてクレームが入ったことはないです。

 I そうですか、ありがとうございます。ワンストップビジネスセンターはどのように知られたのですか。

あいインターネットですごく検索しました。こちらは一番に出てくるんですよ。安いなと思って、経費はかけられないので。

 I できるだけ安くしたほうがいいですよね。

あい自営業なので、いつ倒れるかもわからない話なので、調べていて、いろんな設備や費用とか場所とか、色んなものを見たときに絶対的にこちらでした。

 I ありがとうございます、嬉しいですね。

あい本当に、他のところはもっと高くて事務所的で、信用が得られなさそうなところが多いのですよ。クリーンな感じでお客さんの信用が得られそうだったので、絶対にここだと思いました。あと、全国にあるのが嬉しいですね。世界中にあってくれると嬉しいですけれど。

 I 頑張ります。今はお仕事されているのは大阪だけですか。

あいあまり大きく告知はしていないですけど、東京でも活動することがあって、東京にも会議室があるので、ご依頼が入った時には利用しやすいかなと思います。全国にあって下さるというのが助かる感じはあります。

 I 何か会議室でこういうのがあったらいいなというリクエストはありますか。

あいそうですね、もう少し暗めに出来たら嬉しいですね。

 I 暗めにですか。

あいこれは私の職業上のことですが、明るいので、もう少し暗さが出せたり明るさの調整が出来たら嬉しいなと思います。(笑)

 I 新しいニーズですね(笑)。暗いので明るくして欲しい、というニーズは伺うのですが。

あいもう少し暗めでも雰囲気を出せていいですね。あと、人によっては喫煙をお願いされることもあります。リラックスしてしまうと、さらにリラックスしたいのか「煙草って無理なんですかねという意見があるので喫煙ができたらまた話もできるかも。

 I また今までとは、逆ですね(笑)

あい喫煙できますかと言われることはありますね。リラックスしたいのだと思います。

 I 外では(喫煙)いいですよというお話はしているのですけど、冬ですと寒いですしね。

あいそうですね、あと場所を変えると流れも変わるので、ちょっとだけなので(我慢を)・・というお願いはするのですけど。

 I なるほど、考えてみます。確かに喫煙される方はどんどん生きづらい世の中になっているので、スモーカーを推すサービスもいいかもしれないですね。

あい喫煙可という、もしかしたら選ぶ方もいるかもしれません。

 I 暗さ、煙草、他に何かありますか。

あいそのほかは何も不便は感じてはいないです。

 I 予約をとりたい時に会議室は空いていますか。

あい空いています。

 I 以前は予約をとりにくいというお話がチラホラあったのですが、ひと部屋会議室を増やしてからは、最近なくなっているようです。

あい私が会議室を予約したい日は競合しないんじゃないですかね。基本は(予約)サイトを見させていただいて、予約があってもやっぱり空いている、空いてないが優先されるので、特にそこは何も問題にはならないのです。この予約、この日はどうですか?と複数候補日を伝えているので、あまり思ったことがないですね、こちらに合わせるのが普通という考えがあるので。

 I 電話番号は今、使ってはいないのですね。電話は必要ではないですか。連絡ってほぼネットだけでしょうか。

あいそうですね、電話が永遠に鳴り続くので。

 I 電話相談はされていないのですか。

あい電話相談もあります。でもそれは一旦メールで受け付けて、この番号にかけてくださいという感じにしているので基本的に直接かけてもらわないようにしています。「06」の電話番号だと山ほどかかってくるんです。完全なる電話秘書、私の場合だと予約を受け付けて下さるとか、そういうものの対応をしてくださるのであれば、検討したいものの一つです。

 I 完全な電話秘書。

あいそうです。

 I 完全に人を雇っているかのような電話秘書ということですか。

あいそうです。「確認して折り返します」でもいいし、スケジュールをお伝えしておいて、かかってきたものに対して、対面なのか電話相談なのか振り分けていただいて電話だったら、この番号に何時におかけくださいというぐらいの秘書さんだったらお願いしたいなと思うのですが。

 I 難しいですよね。

あいそうなんです、これをお見積もりすると、6万7万が当たり前なのです。

 I なりますね。

あいそうなんです、だったら人を雇ったほうが安いです。

 I 確かに、我々もニーズがあることはわかっているのです。どうしてもレベルが高くなると、一人あたりこなせる量がきまってきてしまうので。

あいそういうのをやっていた会社さんも辞めたというお話も事実あります。長年やっていらっしゃったのですが。

 I ミスできないですものね。

あい私はミスしてもいいですけどね。(笑)

 I 寛大な方ばかりではないので(笑)やはり少しでもミスをすると、信用を失ってしまってご迷惑をかけてしまうと申し訳ないですし、どうせやるからには完璧なサービスにしなければいけないですね。

あいそうですよね。結構難しいお話なのだろうと思うので、探しても引き受けてくれるところは少ないですよね全国的に。

 I そうですよね。専任の秘書のような方を我々の方で代行させて頂くようなことがあれば、多分お客様も喜ぶだろうなということは思います。

あいGoogleカレンダーとリンクして何かができたら便利なのかなと、こっちの情報共有として、Googleカレンダーでルールを作ったらやりやすいかと。

 I 共通のアカウントをひとつ取ればいいんですよね。

あいそうです、何かやり取りが出来たり、そこから情報を発信してくださったらmailはこっちに飛ぶようなシステムさえあれば、どこからでもスマホからでも見られますよという感じになっていれば何ら問題はないかなと。

 I そこから予約を取るということですね。とてもいいデアをいただきました。

あいGoogleカレンダーにスケジュール入れておいて、入ってなかったらそれは要確認だから即答できないという単純なルールでもいいですし。カレンダーに入っていなかったのでスケジュールがわからなかったですという言い逃れもできる(笑)

 I 分かりました、ありがとうございます。だんだんリラックスされてきましたか。

あいいつもこんな感じです。いつもお話するときは全力です。

 I 今後、仕事の幅を広げていきたいということはあるのですか。

あいコンサルをやろうかなと思っています。ひとつ思っているのが占い師のコンサルタントとして、人気電話占い師になるための講座とか、そういう事をやっていこうかなと思っています。

 I 占い師のコンサルタントですか。

あい占い師は占いだけで生活していくためとか、身になるためにどうしたらいいのか知らないのです。たぶん、こういうふうにオフィスを借りるというのは知っていても、住所が大事であって、さらに月極で絶対かかる家賃ではない。それは私たちからするとすごく助かる話で、そういうものを活用する方法を知らないと思うのです。

 I 占い師になられる方って、やはり女性が多いのですよね。

あい女性が多いですね。

 I お客様の女性が多いのですよね。市場としては。

あい多いですね。企業コンサルタントのように占いコンサルタントもあるんです。

 I 占いコンサルタント。

あい会社が、何十億投資する案件となると決めかねますよね。その時に占いを活用されるとか。商社関係の方、金額が大きいと占いたいとか。

 I なるほど、そういう経営者の方いらっしゃいますよね。

あいそういうこともありますので、我々自体がアナログだったり、他人任せなので、自分でやる方法を、こちらを使ってそういう講座を少人数でやっていけたらいいなと思っています。ちょうど場所的にいいかなと、お茶もありますし(笑)ホワイトボードもありますし。

 I そうですね。
ご出身は大阪ですか。

あい私は北海道出身です。

 I そうなのですか。

あい電話占いをしていると関西にいるんですかと聞かれますね。

 I だから寛大なんですね。寛容な方多いですよね、北海道の方は。

あい何かあったんですか(笑)

 I いえいえ、今日は本当にありがとうございます。

あい数年後には、もしかしたら東京に進出するかもしれません。

 I 是非、東京は会議室も多いですから。

あい東京に住所を置くかも、それもひとつ理由です。もし住所を東京に変える時に、ほかのところは大阪市しかないですとか。こちらは全国にもっていらっしゃるので、同じスタイルが取れるというのもひとつ魅力でした。

 I なるほど。

あい本当にこれで、できればマカオに作って頂ければ(笑)

 I 香港、マカオですか。

あいカジノとかのビジネス案件の依頼もありマカオによく行くので、マカオに拠点が欲しいです。香港でもいいですけど。

 I そうなのですか。

あい海外住所が欲しいのですけど、あっても高くて辛いです(笑)毎月借りるには。

 I なるほど。

あい結構、日本に居て香港や中国に住所を持っていらっしゃる方が多いので、需要が結構あるのかなと思います。物価はあちらの方が安いのですが、多分家賃は高いです。マカオは比にならない高さなので、難しいかも知れないですが私の中では香港マカオ希望です。(笑)

 I なるほど、頑張ってみます。

あい海外進出を楽しみにしております。

 I はい、分かりました、今日は素敵なお話をありがとうございました。